毎年2月から3月にかけて確定申告が行われますが、対象となる人は自営業や自由業等の会社に雇用されていない人や臨時収入が入った人、そして年末調整が終わった人の中でも会社で控除できなかった多額の医療費を支払った人達が申告をして税金を納付又は還付を受ける為の手続きです。

毎年と言って良い位必ず確定申告をしていない個人や会社が出てきますので、その様な個人や会社には金額の大きい場合には税務調査が入る事が有ります。

若しくは虚偽の申告をした場合でも税務調査は入る事が有りますので、特に会社を経営している人達は経営者の責任として必ず行う必要が有ります。

特に大手の有名な会社などは確定申告をしていなかったり、虚偽の申告をしていた場合は必ず税務調査が入りますし税務調査の多くは国税庁が入りますのでニュースになる事も多く、最悪は脱税で逮捕される事も有りますので確定申告は期限が少し遅れたとしても、必ず行わなくてはいけません。

後は医療費控除などは確定申告していないと還付されてきませんので、忘れずに税務署で申告する事で少額ですが戻ってくる可能性が有りますので、年間に10万円以上医療費を支払った人は忘れずに確定申告にいって手続きをする事でもらえるお金はもらえる様にしておきましょう。