私は32歳の小学校教諭です。現在は6年生の担任をしております。大学を卒業し教師になってはや10年、これまで数多くの卒業生を送り出してきました。教諭という仕事は決して楽ではありませんが、担任を受け持った生徒が立派になって巣立っていく姿を見ると、本当にやりがいを感じます。そんなある日、私は学校の行事で賞状作成を依頼されました。私は子どもの頃から習字を習っており、字には自信がありました。ただ、最近は家のことなどで忙しく、賞状を作る時間が割けないため、「筆耕サービス」を利用することにしました。「筆耕」とは、字を書くことで生計を立てている人のことで、「筆耕士」とも言います。インターネットで筆耕サービスが申し込めるところを探し、実際に賞状作成を依頼しました。正直のところ、私自身も字には自信があったのですが、後日出来上がった賞状を見て「あ、やはりプロの字は全然違うな」とすぐに感じました。まるでプリンターで印刷したかのような美しい字体で、本当に驚きました。完成した賞状を見た先生方もたいそう驚いており、「これはワープロで作ったのですか」と聞かれてしまいました。その後、その賞状は無事に生徒の手に渡りました。【削除してOK】